えぬえす工房
  • Search results
avatar えぬえす工房
2016/11/17

ファミコンミニでDOOMを動かそう

DOOOOOOOOOOM!

ハードウェアがハックされて好きなソフトウェアが動かせるようになると、必ずといっていいほど良く使われるゲームがあります。 それが、DOOMです。 DOOMは1993年に発売された、現在で言うところのFPSにあたるゲームです。2016年にはリブートタイトルが発売されました。

また、このゲームの特徴としてゲームエンジンのソースが公開されているという点があります。 擬似3Dのソフトウェアレンダラが含まれたゲームエンジンなので、移植にはもってこいというわけです。 今でも公開されたソースを使用して様々な改良エンジン(ソースポート)が作られています。

ファミコンミニでLinuxが動作したとき、「Linuxが動くんならDOOMが動くのは当たり前だな!」とか思っていたので、いつかDOOMを動作させるという目標は立ててました。 そして、ファミコンミニで動く自前ビルドのLinuxを使用していますが、DOOMを動作させることができました。

必要なもの

やりたいことは、Linuxのフレームバッファを描画先にできるDOOMエンジンを動作させることなので、以下のようになります。

  • HDMIを復活させたファミコンミニのカーネル
  • ARM Linuxをターゲットにしているビルド環境
  • SDL v1.2系
  • lsdldoom
  • DOOMのIWAD(ゲームデータ)、製品版を持っていないのであればシェアウェア版を使う

ビルドしよう

SDLのビルド済みバイナリをlsdldoomで使う際のパス通しの作業が面倒なので、ここでは簡単に行うためにRaspbianをQEMUで動かした環境を使います。 QEMUのユーザモードを使えば、実用的な速度でARM Linuxのビルド環境を使うことができます(クロスコンパイラが最速なのは変わりませんが)

以降、特記していない限りはRaspbianをQEMUのユーザモードで動かしている環境上での作業です。

SDLのビルドとインストール

SDLをダウンロードしてインストールします。 キーボード入力を殺しておかないと起動しないので、そのためのパッチを当ててインストールします。 ./configureのオプションは、

  • フレームバッファ(fbcon)のサポートのみに絞る
  • 最終的には静的リンクしたバイナリを作りたいので、.soをビルドしない

の意味があります。

$ cd SDL-1.2.15
$ patch -p0 < sdl-fbvideo.patch
$ ./configure --without-x --disable-directfb --disable-shared --disable-sdl-dlopen
$ make
$ sudo make install

lsdldoomのビルド

lsdldoomをダウンロードしてビルドします。 これもそのままでは色深度の判定がおかしくなってしまうので、パッチを当ててビルドします。

$ cd lsdldoom-1.5
$ patch -p0 < lsdldoom-video.patch
$ ./configure --disable-dependency-tracking --disable-cpu-opt LDFLAGS=-static
$ make

ファミコンミニのLinuxへ持っていく

lsdmdoomからは、以下のファイルを持っていけば動くはずです。

  • src/lsdldoom
  • data/boomlump.wad

さらに、DOOMのIWADも必要になるので一緒に持っていきます。

動かす

ファミコンミニのLinuxで動かします。 SDLのマウスサポートを殺すために、環境変数を設定した上で起動します。

$ SDL_NOMOUSE=1 ./lsdldoom -width 1280 -height 720

起動させると、以下のツイートの動画のように動くはずです。

最後に

まだコントローラによる操作やサウンドが死んでいますが、これでやっと気持ちよく寝られそうです。

Author

avatar
NV

見習いセキュリティエンジニア

Comments